2014年カナダ・プリンスエドワード島の旅 「赤毛のアン」編 その2

今回の旅は、プリンスエドワード島だけ訪ねる8日間の旅でした。
日本を6月27日の夕方6時に発って、シャーロットタウンに着いたのが
28日の0時30分頃、シャーロットタウンの宿はデルタプリンスエドワード
港の近くの快適なホテルでした。

さて、赤毛のアンの舞台はプリンスエドワード島の中央北にあります。
シャーロットタウンに2泊した後、キャベンディッシュに向かいました。
f0046380_11491281.jpg

アンは駅でマシュウと待ち合わせをします。現在はプリンスエドワード島の鉄道はすべて廃線になり、移動手段は車に変わってしまいました。
作者のモンゴメリーも利用したというケンジントン駅跡。今はパブになってました。





f0046380_11491477.jpg


モンゴメリーが結婚式を挙げたおばさんの家はグリーンゲイブルス博物館になっていました。中にはモンゴメリーの手製のクレージーキルトなどの品々が展示されていました。

f0046380_11491456.jpg
博物館の敷地内にある「輝く湖水」



f0046380_11491740.jpg
NHKの朝ドラ「花子とアン」にも登場するアンが暮らしたグリーンゲイブルズ
f0046380_11492122.jpg
アンの部屋
f0046380_11492148.jpg
どこの家にもある万能ストーブ。家を温め、お料理をし、アイロンをあたためと一台で何役もしていたそうです。

f0046380_11492023.jpg


f0046380_11492072.jpg

恋人の小経

f0046380_11492337.jpg

キャベンディッシュの教会とモンゴメリーも働いていた祖父のやっていた郵便局。
両方とも今でも使われています。郵便局は夏の間だけ。
f0046380_11492357.jpg

モンゴメリーの母と祖父母も眠る共同墓地
f0046380_11492292.jpg

モンゴメリーは夫とともにここに眠っています。
[PR]
by iyonm | 2014-07-09 11:45 | 韓国旅行 | Comments(0)

2017年 新たな出会いと学びの年に❣️


by iyonm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30