カテゴリ:韓国旅行( 166 )

2015年5月 韓国への旅 その5

f0046380_12220406.jpg

f0046380_12220449.jpg

f0046380_12220475.jpg

お昼には、オンマの手料理をいただきました。タットリタン、焼き魚、おばあちゃんのキムチ。ネギのキムチ、干し大根のキムチはとても美味しくて、しっかりいただいてきました。
f0046380_12220500.jpg

金浦空港のロッテマートで買い物をと思ったのですが、珍しく閉まってました。
お茶して、ショッピングモールで買い物。
「ケーキ、食べてなかった❗️」と
大きなイチゴケーキを注文^^


f0046380_12220592.jpg

8時を回って、ようやく陽が沈みました。
f0046380_12471408.jpg

帰りの機内食は、プルコギをいろんな葉っぱに包んで食べるサムパpにしました。



今回は水原で普通に週末をのんびり過ごすという旅になりました。

MERS感染拡大が心配な韓国です。1日も早く沈静化しますように。

[PR]
by iyonm | 2015-06-16 12:14 | 韓国旅行 | Comments(0)

2015年5月 韓国への旅 その4

「韓国の人は日常生活で歩くことは、運動とは思っていません。」と聞慶ツアーのガイドさんが言う通り、ちょっとした距離でも移動はタクシー。日常的には車。

土日は家族にもゆっくり休んで欲しかったので、朝、後輩を誘って散歩。
f0046380_22323942.jpg

ソウルで見かけた白い花をつけた木
別名なんじゃもんじゃの木、ヒトツバタゴです。水原市でも、あちこちに咲いてました。
f0046380_22324097.jpg

公園を造成中

f0046380_22324015.jpg
.
古くからの街並み
f0046380_22324041.jpg

f0046380_22324002.jpg


こちらに、パン屋「パリバケット」があります。
土曜日はパンを買って帰り、
日曜日はイートインで朝食を済ませました。

f0046380_22324111.jpg

f0046380_23503079.jpg




f0046380_22324167.jpg

そして、yooとアッパと4人で
新しくできた「クァンギョ湖公園」へ。
真夏のような日だったので
マンゴーピンスを食べました。

今回の旅では、韓国の家族が普通に週末を過ごす場所を訪れ、ゆっくり、のんびり過ごしました。



[PR]
by iyonm | 2015-06-15 21:12 | 韓国旅行 | Comments(0)

2015 5月 韓国への旅 その3

5月の旅報告がなかなかアップできません。
実は盛りだくさんのすてきな旅だったです。

旅の3日目は土曜日、子どもたちも学校はなし。
しかし、yooトンセン(弟)は体調を崩しています。
頭が痛いといいながらも金曜日も学校は休まず、
この日も買い物に一緒に来て、率先して孫たちへのお土産も選んでくれました?!
f0046380_23581228.jpg


身長180cm 高校2年のyooトンセン、 オンマがカードを忘れたため支払いもしてくれました!!

f0046380_23581284.jpg



韓国のスーパー、Eマート


買い物の後、オンマの中学時代の友人のお店“팥이 랑 국수 랑"で食事
f0046380_23581323.jpg


エゴマのすいとん、キンパp

f0046380_23581386.jpg


ビビンククス

f0046380_23581423.jpg


小豆とうどんのお店


夕方、yooアッパも仕事を早めに終えて帰宅。
みんなでチェブ島へ
ここは水原市から1時間足らずで行ける海割れで有名なところだそうです。

f0046380_23581450.jpg


4時、潮が引いている時に島に渡ります。

f0046380_23581470.jpg


おなじみのカモメにえびせんを投げてるところです。

f0046380_23581507.jpg



仲良く 遊んでいるのは父と娘です。


f0046380_23581546.jpg





夕食は貝焼きです。韓国の家族は酢コチュジャン、我々は醤油で。


f0046380_23581331.jpg




きれいな夕日が見られました。お米とチョッカラとスッカラのモニュメント。


8時を過ぎないと潮が引かないので
それまで、カフェでのんびりとお茶したり
たまたま泊まりがけで島に来ていたオンマの両親や親戚、
その中のオンマの弟、双子の妹家族が私たちに会いに来て
短時間でしたが、一緒に花火をしたりしました。

最後の章は、ドタバタとまるでドラマのようでした。
[PR]
by iyonm | 2015-06-14 23:47 | 韓国旅行 | Comments(0)

2015年5月 韓国への旅 その2

2日目は、韓国観光公社主催の聞慶への日帰りツアーに参加しました。
日本語ツアーということを承知ならとyooとyooオンマも一緒に。
f0046380_21121362.jpg


水原駅までyooアッパに送ってもらい、6時半過ぎのヌリロ(しかも、カラフルなラッピング車両)でソウルへ。集合場所のロッテホテルからマイクロバスに乗り、2時間半かけて
聞慶市に到着。
慶尚北道聞慶市(ムンギョンシ)は朝鮮時代は慶尚道と漢城を結ぶ主要街道の中継点で
聞慶セジェ道立公園になっている。

聞慶市は陶芸の町ということで
最初に訪問をしたのが人間国宝の千漢鳳(チョン・ハンボン)さんの窯
チョンさんの作品は生活陶器なんですね。
f0046380_21121007.jpg


茶器のセットや茶碗などが並んでました。
f0046380_21121160.jpg


青の牡丹が描かれた壷


f0046380_21121110.jpg


この日5月8日は父母の日(オボイナル)だったため、先生の胸にも赤いカーネーションが。
f0046380_21121113.jpg


昼食は名物の薬石サムギョプサル。砕いた薬効効果のある石を混ぜたエサを食べた
さめても柔らかい豚の肉なのだそうです。
f0046380_21121227.jpg


リンゴが名産だからか、リンゴのマヨネーズ和えサラダが美味しかった。
f0046380_21121241.jpg


セジェへの第一関門
f0046380_21121286.jpg


ちょうど、KBSドラマセット場では、伝統陶器祭りが開催され、いろいろなイベントをやっていました。
美味しい五味子茶とお餅をいただきました。五味子も聞慶の特産品だそうです。

科挙の試験を受けにソウルに行く両判の子息のこと旅の様子など
昔のことがわかる博物館もありました。

日帰りツアーということで、第一関門まででしたが
本来なら第二関門、第三関門と歩いていくと
豊かな自然に触れられる体験ができたのでしょう。
温泉もあるようだし、1泊2日で来るとよいのでしょう。

yooオンマとガイドさんがたまたま同い年で
話が弾んでいました。
子持ちのオンマと独身のガイドさん
お互いにお互いを羨ましがっていました。
気持ちは私にもよ〜くわかります^^
[PR]
by iyonm | 2015-06-09 12:54 | 韓国旅行 | Comments(0)

2015年5月 韓国への旅 その1

f0046380_22551991.jpg
f0046380_22551950.jpg
f0046380_22552023.jpg
f0046380_22552016.jpg
f0046380_22552111.jpg
f0046380_22552291.jpg
f0046380_22552285.jpg
f0046380_22552483.jpg
1年3ヶ月ぶりに韓国へ
後輩との2人旅、彼女は5年か6年振りです。
マイルが貯まっていたので往復ビジネスに。
食事もちょっと豪華、シャンペンも注文しちゃいました。

水原からはyooオンマが車で来てくれました。
yooの大学近くの地下鉄の駅で待ち合わせ、一緒に
流線系の建物の東大門デザインプラザへ。10日まで開催のカンソン文華展を鑑賞。

大学に戻り、yooの授業が終わるまで、大学図書館のカフェで待ちました。
大学は仏教系のため、お釈迦様の誕生日を前にカラフルな提灯があちこちに飾ってありました。

そして、授業を終えたyooと一緒に水原に戻りました。
ソウルの街では、白い花をつけた街路樹が目立ちます。何の花かな?

夕食はyooアッパと弟も一緒にテジカルビのお店へ。
アッパはお酒が飲めないので、女子4人でビールで再会を祝し、乾杯。
焼肉の後はお決まりの冷麺です。
韓国で食べる、韓国料理は最高^^

旅の宿は高層マンション20階です。





[PR]
by iyonm | 2015-05-17 22:00 | 韓国旅行 | Comments(2)

2015オーストラリアンオープン観戦ツアー その2

メルボルン2日目、快晴です。
朝食はホテルのレストランで済ませ、事前予約をしておいた半日のワイナリーツアーのピックアップをロビーで待ちました。
同年代の日本人の男性がドライバーであり、ガイドでありました。
行き先はメルボルン郊外のヤラバレー、車の中で一通り
ワインについての講義を受けながら、目的地へ。
町を抜けると左右は牧草地、羊が草を食んでいたりとのんびりした風景が続きます。
途中、木下で休んでいるカンガルーの群れにも遭遇しました。
普通にカンガルーがいました^^

ヤラバレーには、70ほどのワイナリーがあるとかで
「どこにいこうかな?」と思案しながら、ドライバーK氏が最初に連れて行ってくれたのがフランスから渡ってきて現在は9代目が営む「ドミニック」というワイナリーでした。
時間が早かったので、私たちだけでした。

f0046380_14591173.jpg
こちらでは、ロゼのスパークリングと白ワインがお勧めということで購入。
スパークリング用の栓も買ってきました。


2カ所目は、「ドミニック」からすぐの近くの最近リニューアルしたという
モダーンな「オークリッジ」
f0046380_14595377.jpg
レストランが併設されていて、窓からの景色が最高!!
オーストラリアは土地が平らで、陽もよくあたるのでぶどう畑は平面に広がっています。
こちらでは、最後の一本とか言われて2012年のピノノワールを買いました。
f0046380_15002865.jpg


3軒目は、どのツアーにも必ず入っている、シャンペンのモエ・エ・シャンドン社がオーストラリアに設立した「シャンドン」です。ここだけは、ツアー代金とは別に試飲には、グラス1つ5ドルがかかります。(ワインを購入すれば、戻るそうです。)
どのワイナリーでも4〜6種類くらい試飲できます。
f0046380_15005847.jpg
こちらは工場内も見学ができます。
f0046380_15011998.jpg
広い庭では、夏休みで日曜日とあって家族連れがゆったり過ごしていました。
シャンドンのスパークリングは日本でも買えるかなと思い、購入はしませんでした。
f0046380_15020051.jpg
最後は、軽食付き、1838年にヤラバレーで最初にブドウを植えたイエリングステーションです。古い館と新しい近代的な施設がありました。私たちは宿泊(安い部屋で1泊33,353円!)もできるシャトーイエリングヒストリックハウスホテルという館の食堂でパンとオードブルの軽食をいただきました。これで↓一人前、食べきれません(涙;)
しかし、ゆっくりのんびりさせてもらっちゃいました。
f0046380_15030697.jpg
f0046380_15034199.jpg
19世紀後半には、パリ万博でグランプリを取るなどしたのですが、20世紀に入ると
病気が蔓延したり、経済不況などでヤラバレーのぶどう栽培は衰退し、牧畜地帯に戻ってしまったそうです。再びヤラバレーでブドウ栽培が始まったのは、1970年代に入ってからとのこと。後30年位すると土地もさらに豊かになっていいブドウとワインができるようになるのではないかとガイドK氏が言ってました。
メルボルンは南極に近くオーストラリアでも涼しいほうなんですね。病害虫を防ぐため、ブドウの木にネットがかぶせられていました。
ちなみのイエリングでは、赤(2011年シラーズ)を購入。その他に売店でお菓子などお土産も購入しました。
f0046380_15044370.jpg
ワインは好きですが、それほど知識があるわけではありません。
計4本(免税範囲は1人3本まで)を割れないように包んで
トランクに入れて持ち帰りました。
旅の思い出に浸りながら美味しく飲めればそれでよいかと思います。


ホテルに戻り荷物を置いて、錦織選手の試合を見に、アリーナのあるメルボルンパークをめざします。
f0046380_15052411.jpg
試合が始まりました。対戦相手はアメリカのSteve Johnson選手。
アリーナ内はとても陽気です。夕方の試合なので、お酒がだいぶ回ったグループもいて
いいプレイにはどちらの選手にも大きな拍手が、錦織選手には日本人だけではなく地元の方や外国の方からの応援も多かったです。
テニスの試合観戦は、有明の楽天オープンがはじめてだったのですが、近くてよく見えていいなと思いました。それにしても、両選手のラリー、ボールが消えるくらい速かったです。
試合は錦織選手が勝って、ベスト8に進みました!
f0046380_15054675.jpg

[PR]
by iyonm | 2015-02-08 14:57 | 韓国旅行 | Comments(0)

2015オーストラリアンオープン観戦ツアー その1 

テニスとダイビングが趣味の夫に
いつか、グランドスラムを観戦に行こうとずっと話していました。
私はテニスをやったこともあるけれど
趣味にはなりませんでしたが
試合観戦は好きです。

いろいろ調べてみると
ツアーでも一番行きやすいのは、メルボルンかなということで
11月に計画、1月22日から26日までメルボルン滞在3日という
HISのツアーを申し込みました。

f0046380_13573808.jpg
初LCC ジェットスター。 メルボルン直行便が週4日成田から飛んでます。
成田12時15分なので、メルボルン着は翌日1時近くでした。

23日はデイ、ナイトと1日ゲーム観戦予定。
ゆっくり起床し、朝ごはんはホテル近くのオフィスビル1階の「カフェ60」で。
f0046380_14043058.jpg
サンドイッチとコーヒー、そしてオレンジジュース。コーヒーの頼み方は、機内で隣に座ったメルボルン在住のあきこさんに教わった通りに「ロングブラック」と私は「ラテ」。
f0046380_14085534.jpg
延長距離250kmと世界一のトラムウェイネットワークを持つメルボルン。
f0046380_14140329.jpg
f0046380_14143371.jpg
f0046380_14145901.jpg
フリンダースステーション駅近くのビジターセンターに寄り、ヤラ川沿いを歩いて会場へ。
f0046380_14175458.jpg
f0046380_14181330.jpg
f0046380_14183341.jpg
センターコートのロッドレーバーアリーナでは
フェデラー、シャラポア、ナダルの試合を観戦。フェデラーは残念ながら、負けてしまいました。
次の日は、ナイトのチケットしか買ってなかったので、錦織選手の試合時間と会場を確認して、チケットを買いに行きました。
幸い夕方からの試合のようで、明日は予定通り半日のワイナリーツアーに参加できることになり、ほっとしました。

ナダルの試合が終わったのは10時半頃でしたが、15分くらいだったのでホテルまでは歩きました。
季節は夏ですが、朝晩は上着を着て丁度いい感じ、昼間も日陰に入ると涼しいくらいでした。







[PR]
by iyonm | 2015-01-29 13:01 | 韓国旅行 | Comments(2)

初クルーズの旅 その2

f0046380_22281763.jpg

高知港を17:00に出航して
船は一路、屋久島へ。
船は時速20キロから30キロと
ゆっくり進んでいきます。

翌朝、屋久島着。
午前中は船でゆっくり過ごして
午後オプショナルツアーで紀元杉へ。
天気は雨、屋久島は雨のよく降る島だそうです。バスで小一時間走って屋久杉自然館、そして紀元杉へ。
紀元杉は樹齢3000年‼️
とにかく、別世界の感じ。

夕方、屋久島を出港し、1日航海をして
横浜へ。

初クルーズはのんびり、いい旅でした。


[PR]
by iyonm | 2014-10-18 22:25 | 韓国旅行 | Comments(0)

2014年 カナダ・プリンスエドワード島の旅 風景編 +α

f0046380_20461789.jpg
f0046380_20461881.jpg
f0046380_2046197.jpg
f0046380_20462036.jpg
f0046380_20462189.jpg
f0046380_20462458.jpg
f0046380_20462757.jpg
f0046380_20462849.jpg
f0046380_20463354.jpg
f0046380_20463480.jpg


早いもので、9月に入って1週間が過ぎました。
次の旅に出る前に、この旅報告を終わらなければ。。。

プリンスエドワード島は「島」なので、周囲を海に囲まれています。
そして、なんと灯台が70以上もあるそうです。
私たちが訪ねたのは、南海岸にある「ポイント・プリム」(1845年建造で島で一番古い灯台で唯一の円筒形灯台)と「ウッド・アイランズ」(売店併設)です。ポイント・プリム灯台は上まで細い階段で上がってきました。
灯台守の部屋が昔のまま見学者用に保存されていました。
写真集などを見るとどの灯台も白と赤で同じように可愛らしい建物のようです。

三枚目の写真は、島と本島を結ぶ「コンフェデレーション・ブリッジ」島内を二分する議論を経て住民投票の結果、建設されたそうです。冬には橋の下の海は凍ってしまうとか。

1864年、ちょうど150年前にこの建物でカナダ連邦成立の会議が開かれたそうです。
州議事堂です。しかし、この島が連邦に加わったのは数年後だったそうです。
「2014」の文字は州議事堂からは慣れた港にある「連邦誕生記念公園」にありました。
州議事堂は今も使われています。
観光客にカナダ連邦誕生当時服装で説明をしてくれる人たちがいました。

シャーロットタウンのダウンタウンを30分、湾内を30分で回ってくれる観光用水陸両用車。
友人たちが乗ってます。
港には、ニューヨークからセントローレンス川をめぐるクルーズ船が停泊していました。

夜は、赤毛のアンのミュージカルを見ました。老若男女でほぼ満席。アンは早口で元気でした!
「アンとギルバート」というミュージカルも近くの小さな劇場で上演されていました。


旅の中で同年代の女性と話をしたのもいい経験でした。
キャベンデッシュで、朝の散歩中に出会ったハリファックスからバカンスに来ていた女性は
病院に勤めているんだけど、「時給が10ドルなのよ〜」と嘆いていました。
また、13歳の時に坂本九の「上を向いて歩こう」を覚えたと一緒に歌いながら
歩いたのは忘れられない思い出になりそう。
彼女は日本人と出会えば必ず歌っているはず、草の根の日加親善大使に任命したいくらいです。

もう1人はB&Bのレストランでご一緒したカナダ本土から来ていた定年退職をしたばかりの元小学校教師の方。ご夫婦で3週間旅をしていて、初めてプリンスエドワード島に来たといってました。
ご主人はゴルフで彼女はアン関係の観光地をめぐるとのこと。
同年代ということでとても親近感を持ちました。
国は違うけれど、同じような悩みや思いをもっているんだろうな。
人との出会いも旅の醍醐味ですね。

近ければ、また、是非遊びにいきたいな〜
[PR]
by iyonm | 2014-08-28 20:39 | 韓国旅行 | Comments(0)

2014年 カナダ・プリンスエドワード島の旅 食べ物編

f0046380_20365728.jpg
f0046380_20365832.jpg
f0046380_20365954.jpg
f0046380_2037878.jpg
f0046380_2037048.jpg
f0046380_2037486.jpg
f0046380_2037525.jpg
f0046380_2037670.jpg
f0046380_2037774.jpg
f0046380_2037790.jpg

上から
エア・カナダの機内食。エコノミーなので期待はしていませんでした。でもワインがありました^^
カップヌードルが軽食として出たのにはびっくり。

cow'sのアイスクリームは美味しかったです。これはスーパーマーケットで

3枚目と4枚目は初日の夜のホテルでのアン・ナイトで
サーモンのベーコン巻き、そして地ビール

待望のロブスターはキャベンデイッシュのレストランで
漁は6月末までということでちょうど間に合ったということでしょうか?

7月1日はカナダ連邦の誕生日、歴史村のランチでケーキがふるまわれました。
チョコレートケーキにお砂糖たっぷりのバタークリーム!!

7枚目はアンの頃のレシピでコース料理をいただきました。めずらしく懐石料理のような
前菜です。人によって置き方が反対だったりはご愛嬌。

次の写真はホテルの朝食。パンに卵料理、ハム類、スモークサーモン、チーズにフルーツって感じでした。

友人たちが水陸両車で観光している間、ひとり、ロブスターサンドと地ビールでまったり。

最後はお土産です。
夏には不向きですがチョコレート。リコリスという、甘草のグミみたいな物が中に入ったチョコレートが予想外に美味しかった。
その他にジャムや蜂蜜、紅茶などを買ってきました。

今回はツアーなので食事付きでした。フリーだったら、絶対に一食は和食か韓食にしたと思います。
[PR]
by iyonm | 2014-08-28 20:27 | 韓国旅行 | Comments(0)

2017年 新たな出会いと学びの年に❣️


by iyonm
プロフィールを見る
画像一覧